ゴミをお金に

物を減らすためにお金を使うのか

私は何度も引っ越しを繰り返しています。主人の転勤のためです。長い時で4年、短い時は1年で引っ越すこともあります。そのたびに新しい部屋を選び、間取りに合うように家具を配置してきました。私の場合、転勤が決まるとまずは物を減らすことから始めます。引っ越し料金もばかにならない金額ですので、いらないものは処分しようというわけです。日々生活していると物は自然に増えていきます。普段はなかなか気付かないのですが、引っ越しすると決まったら急に物の多さが気になってきます。細かなものから大きなものまで。燃えるゴミや不燃ゴミとして出せるものはいいのですが、粗大ゴミになると大変です。私が住んでいる地域では粗大ゴミをだすにはお金がかかってしまうのです。ゴミを捨てるのにお金を出したくはありませんよね。そこで私はリサイクルショップを利用しているのです。

それは本当にゴミなのか

リサイクルショップでは多種多様なものを取り扱っています。なかには服専門だったり、楽器専門だったり。家電や家具などを扱っているお店もたくさんあります。私は自宅近くのリサイクルショップにいわゆる粗大ゴミを持ち込みました。購入して10年近くになるダイニングテーブルと、買い替えで不要になった空気清浄機です。二つとも古いものだったので買い取ってくれるか心配でした。しかし二つで3500円にもなりました。粗大ゴミで出していたらお金がかかっていたのですから、とっても得ができました。ゴミを捨てる時には是非考えてみてください。それは本当にゴミなんでしょうか。有効活用できるかもしれません。あなたがゴミと思っているものが、お金になるかもしれませんよ。